4k-toushi.com

低リスクな株式投資法

 低金利で資産運用が困難な現在、コツコツと定期貯金をしててもなかなか資産を増やすことができません。また、年金不安や年功序列賃金の崩壊、リストラ不安等いろいろな不安定要素がが現代社会に渦巻いています。

 以前は、定期貯金さえしていれば、貯金金利もよく、資産も次第に増えていきました。しかし、昨今はマイナス金利、銀行口座管理手数料といった言葉も小耳に挟む事も多くなってきています。政府もNISAやIDECO等で貯金から投資への資産形成を後押ししています。投資にはリスクを伴いますが、リスクを可能な限り減らして少しでも資産を増やす努力が個人にも求められています。

 株式投資入門に関する書籍やホームページは、ネットで検索すれば多数ありますが、株式の仕組みや株式投資を始めるまでの説明ばかりで、銘柄選びをレクチャーしてくれるホームページは稀です。

これから、株式投資をしてみようと考えている方に、リスクを減らして小額から始められる株式銘柄選びをご紹介します。

四半期決算投資法(4k)とは

 これから紹介する四半期決算投資法とは、ニュースや新聞の情報には惑わされず、四半期決算のみに注目した投資法です。株式取引には難解な用語があり投資情報も氾濫しています。株式投資の初心者は、これらの情報に振り回され銘柄選びが人頼みになりがちです。

四半期決算投資法は、株式用語が良くわからない初心者でも毎日変化する経済情報に惑わされることなく、堅実に銘柄を選択し株の売買をする方法です。

四半期決算投資法では、まず3か月ごとに発表される上場企業の四半期決算に注目し、増益企業をピックアップします。ピックアップした銘柄を次の四半期決算期(3ヶ月後)まで注目して株価が下がったら買い、株価が上昇したら売るを繰り返す投資法です。短期間に大きな利益を得ることはできませんが、業績が着実に上昇している銘柄を選ぶことでリスクを減らし、1割から2割の利益を目指します。

年齢別投資法(4k)とは

株式投資には年齢(年代)別に投資方法が異なります。株式投資を始めるにはご自分の年齢に合わせた投資方法を選択する必要があります。

第1期 20歳~30歳 

会社等に就職し社会人になって間もないころは、まだ給料も少なく投資資金も多くない年代です。まずは資金確保のために働きコツコツ貯金し、社会や経済について勉強する年代です。株式投資を始めるには早すぎます。

第2期 30歳~40歳

会社や社会にも慣れ、社内において責任もかかってくる年代です。給料も増え余裕資金も増えていることでしょう。但し、結婚、子育て、住宅ローン等で必要経費も増えてくる年代です。この年代は無理をせず、貯金や財形貯蓄に重点を置き、株式投資を始めるなら長期投資を目標に、毎月小額を積み立てる「積み立てNISA」等がお勧めです。もし、自分の会社に「社員持ち株会」があるのならそれを利用するのも一つの手です。毎月小額から始められ、時間軸で分散投資できます。

第3期 40歳~60歳

経済に対する知識や経験が増え、株式会社の情報や社会情勢にも目を配れる年代です。子供の教育資金が必要な年代でもありますが、年収やボーナスも増え余裕資金も大幅に増えているでしょう。そろそろ短期投資に挑戦してみても良い頃です。

第4期 60歳~80歳

人生100年時代や老後資金2000万円問題が今日話題になっています。まだ現役で働いているかもしれませんが退職も近くそろそろ老後を考えなければならない年代です。積極的に株式投資をしましょう。頭を使うことで老化防止や余裕時間の有効活用にもつながります。

以上4k-toushiについて解説してきましたが、四半期決算投資、年齢別投資について理解できたでしょうか。次は「金融商品の種類」について勉強してください。

 このホームページは自分の投資経験から戒めや反省を込めて、記録として残すことを目的に作成しています。

 また、社会経済状況の変化により事前通告なしに、各ページの記載を変更することがあります。

投資は、自己責任で行うようお願いします。

下段の『お知らせ一覧』及び『好悪材料ニュース』は、忙しい方々のために各経済ニュースから重要なニュースをいち早く知るためにピックアップしています。またアーカイブからの参照やカテゴリー編集により情報を探しやすくすることに努めています。予想情報はできるだけ避け、事実のみを掲載することに重点を置いています。

お知らせ一覧

【日経平均】【NYダウ】膨らむリスク投資、火種に 緩和縮小意識で日米株乱高下

世界の金融市場が米金融政策の行方を巡って、大きく揺れている。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて米連邦準備理事会(FRB)が膨らませた緩和マネーはリスク資産の価格を押し上げたが、金融緩和の縮小や利上げがマネーを逆回転させ …

【国内】東京五輪、観客上限1万人で開催 5者協議決定、政府制限に準拠

東京五輪・パラリンピックに向けた大会組織委員会、東京都、政府、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の各代表による5者協議が21日、東京都内で開かれ、地方を含めた五輪会場の観客数上限を原則的 …

【日経平均】株価一時1100円超値下がり 終値900円超下落 4か月ぶりの下落幅

週明けの21日の東京株式市場は、日経平均株価が900円以上、値下がりしました。アメリカで金融引き締めにあたる利上げの時期が想定より早まるのではないかという警戒感から、売り注文が膨らみ、終値としてはおよそ4か月ぶりの下落幅 …

【NYダウ】ダウ5日続落、533ドル安 利上げ前倒し観測で

18日の米株式市場でダウ工業株30種平均は前日比533ドル37セント(1.6%)安の3万3290ドル08セントで取引を終えた。週間では1189ドル(3.4%)下げ、2020年10月26~30日(6.5%)以来、約8カ月ぶ …

【為替】FRBのタカ派シフトでドル高の兆し

米連邦準備理事会(FRB)のタカ派シフトによって、ずっと低迷していたドルが急伸した。売り持ちの巻き戻しが本格化すれば、ドルが一段と押し上げられてもおかしくないとの観測も広がりつつある。 これまでは、物価上昇にもかかわらず …

【新型コロナ】緊急事態宣言解除 7都道府県「まん延防止」移行決定 7月11日まで

政府は17日、20日が期限の新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県で解除すると決めた。そのうち東京や大阪など7都道府県は宣言に準じる「まん延防止等重点措置」に移行する。ワクチン接種の拡大を踏まえ、 …

【海外】米FRB ゼロ金利政策の解除 2023年中に前倒しの見通し

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会は金融政策を決める会合を開き、景気の回復と物価の上昇を受けてこれまで2024年以降としてきたゼロ金利政策の解除の時期を2023年中に前倒しする見通しが示されました。 F …

【海外】FRB、緩和縮小の議論開始へ

米連邦準備理事会(FRB)は月額1200億ドル(約13兆2000億円)に上る資産購入の縮小(テーパリング)について議論に乗り出す。新型コロナウイルス禍で導入した大規模な金融緩和策の弱めの調整に向けた難しい第一歩となる。 …

【新型コロナ】「ロシア独自の変異株」が急拡大

新型コロナウイルスをめぐり、ロシアのガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターのギンツブルク所長は、露国内にロシア独自の変異株が数多く流行していると明らかにした。 14日にイタル・タス通信が伝えた。ロシアで首都モスクワを …

【新型コロナ】東京都 インド型変異ウイルス 3人感染確認 都内初の死亡確認

東京都は、都内で新たに3人がインドで確認された変異ウイルスに感染していることが確認され、このうち1人が死亡したと発表しました。この変異ウイルスに感染した人で死亡が確認されるのは都内では初めてです。 3人はいずれも海外渡航 …

【投稿】好材料・悪材料ニュース

【注目銘柄】7283 愛三工業 新高値更新中

4/27の前年度中期決算及び今年度の業績予想の発表を機に700円から900円まで3割上昇。出来高も好調でまだ上昇余地あり。

【注目銘柄】9450 ファイバーゲート反発

9450 ファイバーゲート の株価がようやく反発の動きが出ています。5/17の1,200円を底に、6月に入り1,500円まで上昇。出来高も増加し再び人気化。

【注目銘柄】6月の注目銘柄を入れ替えました。

6199 セラクは2Q決算発表後に高値2,300円を付けましたが、底値から3倍近くまで上昇したことから材料出尽くしと判断し、一旦注目銘柄から削除。 新たに 今期業績回復が予想される8095 イワキ を追加しました。

【注目銘柄】5月の注目銘柄動向

9450ファイバーゲートは5月の3Q発表を受け下げ止まり感が出てきました。 4396システムサポートは 5の3Q発表 をうけ、1,350を底に反発傾向。 6199 セラクは4/13の2Q決算発表後2000から2300円ま …

【注目銘柄】5月の注目銘柄を入れ替えました。

4465 ニイタカは通期決算が近づいたので削除。 7283愛三工と6807日本航空電子工業を注目開始。

【注目銘柄】4月の注目銘柄動向

9450ファイバーゲートは下落が継続しています。5月の3Q発表までは反発は望めません。 4396システムサポートは1400から1600円のボックス圏。5月3Q発表を期待。 4465 ニイタカは長期低迷。7月の通期決算、来 …

【注目銘柄】6199 セラクを追加しました。。

1月13日発表の第1四半期、経常利益:486百万円対会社予想進捗率:29.5% 株価は1Q決算発表後利食い売りに押されていたが、調整が終わり 3月初旬から 反発気味。4月中旬の2Q決算まで注目開始。

【悪材料】【注目銘柄】3458 シーアールイー

4月に入り業績を確認したところ、3Q経常利益予想のコンセンサスがプラス1450百万円からマイナス3,384百万円に変更されていたため悪材料ととらえて一旦注目銘柄から削除します。

【悪材料】年度末及び通期決算期を控え利食い売り優勢

日銀が購入する上場投資信託(ETF)の買い入れ額設定の変更及び米連邦準備理事会(FRB)の資本規制の一時的な緩和措置を3月末終了の報道を受け、日経平均、NYダウの上昇傾向が変化の兆しを見せています。各中央銀行は現在の株価 …

【注目銘柄】3458 シーアールイー 2Q増益

3月の注目銘柄に3458 シーアールイーを追加しました。2020/7をピークに下落基調であったが、3/15の2Q決算が増益だったことからの反転の兆しが見える 。 3月15日発表の中間決算は、経常利益:5,684百万円と対 …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

【投稿】好悪材料ニュース・カテゴリー

投稿日カレンダー

2021年6月
« 5月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGETOP
Copyright © 四半期決算投資法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.