4k-toushi site

低リスクな株式投資法

 低金利で資産運用が困難な現在、コツコツと定期貯金をしててもなかなか資産を増やすことができません。また、年金不安や年功序列賃金の崩壊、リストラ不安等いろいろな不安定要素がが現代社会に渦巻いています。

 以前は、定期貯金さえしていれば、貯金金利もよく、資産も次第に増えていきました。しかし、昨今はマイナス金利、銀行口座管理手数料といった言葉も小耳に挟む事も多くなってきています。政府もNISAやIDECO等で貯金から投資への資産形成を後押ししています。投資にはリスクを伴いますが、リスクを可能な限り減らして少しでも資産を増やす努力が個人にも求められています。

 株式投資入門に関する書籍やホームページは、ネットで検索すれば多数ありますが、株式の仕組みや株式投資を始めるまでの説明ばかりで、銘柄選びをレクチャーしてくれるホームページは稀です。

これから、株式投資をしてみようと考えている方に、リスクを減らして小額から始められる株式銘柄選びをご紹介します。

四半期決算投資法(4k)とは

 これから紹介する四半期決算投資法とは、ニュースや新聞の情報には惑わされず、四半期決算のみに注目した投資法です。株式取引には難解な用語があり投資情報も氾濫しています。株式投資の初心者は、これらの情報に振り回され銘柄選びが人頼みになりがちです。

四半期決算投資法は、株式用語が良くわからない初心者でも毎日変化する経済情報に惑わされることなく、堅実に銘柄を選択し株の売買をする方法です。

四半期決算投資法では、まず3か月ごとに発表される上場企業の四半期決算に注目し、増益企業をピックアップします。ピックアップした銘柄を次の四半期決算期(3ヶ月後)まで注目して株価が下がったら買い、株価が上昇したら売るを繰り返す投資法です。短期間に大きな利益を得ることはできませんが、業績が着実に上昇している銘柄を選ぶことでリスクを減らし、1割から2割の利益を目指します。

年齢別投資法(4k)とは

株式投資には年齢(年代)別に投資方法が異なります。株式投資を始めるにはご自分の年齢に合わせた投資方法を選択する必要があります。

第1期 20歳~30歳 

会社等に就職し社会人になって間もないころは、まだ給料も少なく投資資金も多くない年代です。まずは資金確保のために働きコツコツ貯金し、社会や経済について勉強する年代です。株式投資を始めるには早すぎます。

第2期 30歳~40歳

会社や社会にも慣れ、社内において責任もかかってくる年代です。給料も増え余裕資金も増えていることでしょう。但し、結婚、子育て、住宅ローン等で必要経費も増えてくる年代です。この年代は無理をせず、貯金や財形貯蓄に重点を置き、株式投資を始めるなら長期投資を目標に、毎月小額を積み立てる「積み立てNISA」等がお勧めです。もし、自分の会社に「社員持ち株会」があるのならそれを利用するのも一つの手です。毎月小額から始められ、時間軸で分散投資できます。

第3期 40歳~60歳

経済に対する知識や経験が増え、株式会社の情報や社会情勢にも目を配れる年代です。子供の教育資金が必要な年代でもありますが、年収やボーナスも増え余裕資金も大幅に増えているでしょう。そろそろ短期投資に挑戦してみても良い頃です。

第4期 60歳~80歳

人生100年時代や老後資金2000万円問題が今日話題になっています。まだ現役で働いているかもしれませんが退職も近くそろそろ老後を考えなければならない年代です。積極的に株式投資をしましょう。頭を使うことで老化防止や余裕時間の有効活用にもつながります。

以上4k-toushiについて解説してきましたが、四半期決算投資、年齢別投資について理解できたでしょうか。次は「金融商品の種類」について勉強してください。

 このホームページは自分の投資経験から戒めや反省を込めて、記録として残すことを目的に作成しています。

 また、社会経済状況の変化により事前通告なしに、各ページの記載を変更することがあります。

投資は、自己責任で行うようお願いします。

下段の『お知らせ一覧』及び『好悪材料ニュース』は、忙しい方々のために各経済ニュースから重要なニュースをいち早く知るためにピックアップしています。またアーカイブからの参照やカテゴリー編集により情報を探しやすくすることに努めています。予想情報はできるだけ避け、事実のみを掲載することに重点を置いています。

お知らせ一覧

【海外】米上院、200兆円経済対策を可決 来週の成立目指す

米議会上院は6日、バイデン大統領が提案した1.9兆ドル(約200兆円)の新型コロナウイルス対策法案を一部修正し可決した。下院案と同じく1人最大1400ドルの現金給付を盛り込んだが、高所得層を支給対象から外す。修正法案は下 …

【新型コロナ】首都圏4都県の緊急事態宣言、再延長を正式決定 21日まで

 政府は5日夜、新型コロナウイルス感染症の対策本部会合を首相官邸で開き、東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏4都県に発令中の緊急事態宣言について、期限を21日まで2週間延長すると正式決定した。当初2月7日を期限としていた宣言 …

【海外】ニュージーランド沖で3度目の大地震 M8.0

日本時間3月5日04:28頃ニュージーランド・ケルマディック諸島を震源とするM8.1の地震が発生しました。この付近では規模の大きな地震が相次いでいて、日本時間の4日午後10時半ごろにはニュージーランド北島の東の沖合を震源 …

【NYダウ】NYダウ続落し345ドル安 長期金利上昇で投資家心理悪化

4日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落し、前日比345ドル95セント(1.1%)安の3万0924ドル14セントで終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けて長期金利が1.5%台に上昇し、投資家 …

【為替】ドル3カ月ぶり高値107.9円、パウエル発言で米債利回り上昇

米連邦準備理事会(FRB)の パウエル議長は、4日午後のウォール・ストリート・ジャーナル紙の公開インタビューに応じた。長期金利上昇について「金融市場に持続的な逼迫がみられるようなら懸念する」と述べたが、具体的な抑制策に言 …

【為替】円続落 4日17時時点は107円20銭

 4日の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米国の金利上昇や日経平均株価の軟化など強弱材料が入り交じる中、やや上値の重い展開となった。終盤は日本時間5日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を前に持 …

【日経平均】平均株価2万9000円下回る 1カ月ぶり安値 600円超値下がり

4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前日比628円99銭(2.1%)安の2万8930円11銭で終えた。下げ幅は一時800円を超えた。前日の米国市場で長期金利が一時1.5%近くまで上昇し、ナスダック総合株価指数な …

【国内】東京五輪、海外客受け入れ見送りで調整 コロナ拡大懸念に配慮

 今夏の東京オリンピック・パラリンピックについて、政府は海外からの観客の受け入れを見送る方向で調整に入った。国際オリンピック委員会(IOC)などと協議して月内に最終判断する。3日、複数の関係者が明らかにした。新型コロナウ …

【為替】円、下落傾向続く

今年に入り米ドル/円為替レートが103円台から106円台にと円安基調となっている。 他の外国通貨に対しても昨年3月頃を境にして円は下落している。これらは、新型コロナで安全通貨として買われていた円や米ドルが、今年に入ってワ …

【新型コロナ】国内死者8000人超す 東京232人感染

 国内では2日、800人の新型コロナウイルス感染者と50人の死者が新たに確認された。死者の累計はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗船者を含め8011人で、8000人を超えた。重症者は前日より23人減って413人。 …

【投稿】好材料・悪材料ニュース

【注目銘柄】2月の注目銘柄動向

2Q決算が好調であるにもかかわらず、注目銘柄は1月から下落基調が続いています。これまで上昇傾向であったことから利益確定が進んでいるためか、または これまでコロナの影響で下落していた銘柄に 、経済回復を見越した買い戻しの動 …

【注目銘柄】9450ファイバーゲート 2Q 営業利益 35.4%増

2/12発表の2Q決算は、経常利益が852百万円で対会社予想進捗率:60.4% と好調持続。

【注目銘柄】4396システムサポート 2Q 営業利益 25.1%増(5.08億円 7―12月連結)

21年6月期第2四半期(20年7-12月)の決算は、売上高が69億1700万円(前年同期比5.2%増)、営業利益が5億800万円(同25.1%増)だった。21年6月期業績予想は、売上高143億4200万円(前期比7.2% …

【注目銘柄】1月の注目銘柄動向

1月に入り日経平均株価は微増で推移していますが、注目銘柄は下落傾向です。このような動きは、他の好業績銘柄においても同様であり、日によって上昇・下降を繰り返しています。このよう場合は、株式には手を出さずに様子見が賢明です。 …

【注目銘柄】9450 ファイバーゲート高値警戒

11月初旬の1900円から2300円まで上昇。出来高も減少してきている。人気離散か。

【注目銘柄】年末年始に向けて

日経平均は27,000円を目前にして、新型コロナの第3波の影響で停滞気味です。注目銘柄も年末に向け利益確定の動きが予想されます。年末年始は長期の市場休場でどのような経済変化が発生するか予想できません。持ち株は減らしておく …

【注目銘柄】注目銘柄の株価動向予想(12月)

6955 FDK は高値圏 9450 ファイバーゲート は利益確定中 4396 システムサポート は下落継続だが売られすぎ、反転期待 3661 エムアップホールディングス は底値圏 6082 ライドオンエクスプレスホール …

【注目銘柄】6082 ライドオンエクスプレス

2020/09に通期業績予想を 増額修正していますが株価は現在調整中 。新型コロナが再拡大しており、GoToイートは継続中だが外食控えが拡大するかもしれません。 見直し買いを期待。

【注目銘柄】4396 システムサポート 1Q決算増益

11月13日発表の第1四半期決算は経常利益204百万円。対会社予想進捗率は26.0%。デジタル社会推進で今後も期待が持てる。注目継続

【注目銘柄】9450 ファイバーゲート 1Q決算増益

11月13日発表の第1四半期決算は、経常利益402百万円で対会社予想進捗率は28.5% と増益であった。リモートワークやデジタル社会が今後も進めば通期決算には期待が持てる。注目継続。

【投稿】好悪材料ニュース・カテゴリー

投稿日カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGETOP
Copyright © 四半期決算投資法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.