4k-toushi.com

中小型株と大型株

  • HOME »
  • 中小型株と大型株

株式は一般的に、発行株式数や時価総額などで大型株・中型株・小型株に分類されます。

東京証券取引所では、時価総額が大きく流動性の高い100個の銘柄を大型株、次いで多い400銘柄を中型株、残りを小型株としています。

中小型株の特徴

中小型株は発行株式数が2億株未満、あるいは時価総額2000億円以下の企業の株式を指します。そのため、時価総額が小さく市場での流動性が低い株式と言えます。

しかしながら、時価総額が小さく流動性が低いという事はちょっとした売買でも株価が変動する可能性があります。

また、投資金額は小額から始めることができ、短期売買を行う個人投資家向きです。

投資情報の量も少ないため噂やニュースに惑わされす、企業業績にのみ注意していればリスクも減らすことができます。

大型株の特徴

大型株とは、時価総額の大きな企業群のことを言います。東京証券取引所では、時価総額(株価×発行済株式数)が大きく、流動性の高い銘柄を100銘柄選定し、これらの銘柄のことを大型株と定義しています。

大型株は発行している株式や参加している投資家の数が多いため、株価が比較的に高額になることが多く、多少の資金を注入した所で株価が急騰することはありません。多くの投資家に既に買われているために株価が変動し難くいという特徴があります。時価総額が大きければ大きいほど動きが重たくな り、多少の良いニュースではさほどの値上がりはしません。日経平均はおおむね大型株で信頼性のある銘柄が採用されており、景気の先行き予想で大きく動くことがあります。また、大型株の株価動向により日経平均が連動した形で動く傾向があります。

 国際的にも信頼度の高い企業が多く、個人投資家以外にも機関投資家(保険会社、年金基金など)や外国人投資家など多くの安定的な投資家に買われているということで安定していて安心感はありますが、値上がり率は大きくは期待できません。配当目的などの長期投資向きということになります。

中小型株と大型株の関連性

株価の動きとして 大型株が上昇し 日経平均も上昇する時は中小型株は売りに押されて下降し、また逆に 大型株が下降し 日経平均も加工する場合は、割安となった中小型株に見直し買いが入る傾向があります。

まとめ

 以上の事から中小型株は、個人投資家にとって小額から投資が始められるメリットがあります。東京証券取引所の1部に上場されている銘柄であればリスクも比較的小さく、値上がり率も高くなります。

小額から投資できるということは、買い増しで保有株数を増やすことが容易であり、一部売却による利益確定もやり易くなります。(相場格言 二度に買うべし 二度に売るべし)

前ページに戻る

固定ページ一覧

PAGETOP
Copyright © 四半期決算投資法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.