4k-toushi.com

FXの特徴

 FXの特徴は、少額資金でスタートできる点にあります。少額の資金で多額の投資資金を動かせるところにFXの魅力があります。逆にそこにリスクも潜みます。

 FX取引を行なうには専用の取引業者や証券会社などに口座を開設します。取引にあたっては、先にお金を担保として預け入れます。これを「証拠金」といいます。FXが単なる外貨預金と異なるのは、FXは預けた資金の何倍もの取引ができる事です。このシステムをレバレッジといいます。50万円の証拠金で500万円の取引を行なう場合「レバレッジが10倍」といいます。

したがってレバレッジが大きいほど損益の幅も大きくなります。

FXでも普通貯金並みの利息がつきますが、これは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買った場合にその金利差の分だけ受け取ることができるからです。逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買ったときは、逆に金利差分を支払わなければなりません。この「2つの通貨の金利差」をスワップといいます。

前ページに戻る

固定ページ一覧

PAGETOP
Copyright © 四半期決算投資法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.