4k-toushi.com

為替編

外国為替取引

日本円を外国の通貨に換える取引を「外国為替取引」といいます。たとえば日本円を米ドルに換えることを「ドル買い」あるいは「円売り」といいます。ところが通貨価値は日々変化します。1米ドル=120円だったり、121円だったりします。この価格変動に着目した投資方法にFX(外国為替証拠金取引)と外貨定期貯金があります。

下に代表的なUSドル/円の長期為替レートを示します。直近20年では1ドル/100円前後で推移しています。

その他通貨の最新為替レートや利息についてはネット銀行やネット証券を参照してください。また、為替手数料や利息は銀行各社により若干の差があり、経済状況により変化します。2020年1月現在の為替レート(月足チャート)を下図に紹介しておきます。

FXの特徴

FXの特徴は、少額資金でスタートできる点にあります。少額の資金で多額の投資資金を動かせるところにFXの魅力があります。逆にそこにリスクも潜みます。

 FX取引を行なうには専用の取引業者や証券会社などに口座を開設します。取引にあたっては、先にお金を担保として預け入れます。これを「証拠金」といいます。FXが単なる外貨預金と異なるのは、FXは預けた資金の何倍もの取引ができる事です。このシステムをレバレッジといいます。50万円の証拠金で500万円の取引を行なう場合「レバレッジが10倍」といいます。

したがってレバレッジが大きいほど損益の幅も大きくなります。

FXでも普通貯金並みの利息がつきますが、これは低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買った場合にその金利差の分だけ受け取ることができるからです。逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買ったときは、逆に金利差分を支払わなければなりません。この「2つの通貨の金利差」をスワップといいます。

外貨定期貯金の特徴

 外貨定期預金とは、より金利の高い外国の通貨で預金することで利息と為替差益を狙うものです。円高の時に金利の良い外貨定期貯金に預け、円安の時に円に戻すことで金利と為替差益の両方を得ることができます。

外貨預金は米ドル、ユーロだけでなく、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、人民元(中国元)、ブラジルレアル、トルコリラなどの通貨から選んで預金ができます。利息は各通貨により1~6%の幅があります。円定期貯金の平均利息が0.01%前後であることから比べると魅力があります。

但し、外貨預金は円から外貨に交換したり、外貨から円に交換する際には為替手数料がかかったり、預け入れた外貨元本を円貨に交換する際には、常に為替レートが変動しているため、元本割れのリスクがあります。

外貨貯金は銀行各社で取り扱っていますが、銀行によって取引できる通貨や利息に若干の差があります。外貨貯金を一旦始めると他の銀行に変更することは手間がかかります。金利も逐次変更され、また為替手数料にも違いがあり一概にどの銀行が有利かは判断が難しくなります。よく考えてから口座を開設すると良いでしょう。もし、すでに口座をお持ちの方は、多少の金利差は気にせず、為替相場の方に気を付けましょう。

2020/4月現在、新型コロナウイルスの影響で世界の経済状況が変化し、各国の金利が低下傾向で、高金利であった通貨は売り込まれています。安全資産として米ドルと円が高値圏にあります。

2020年9月現在 為替動向は米ドルは106円付近で安定、ユーロ、NZドル、豪ドル、カナダドルは上昇基調、アフリカ・ランドは横ばい。米ドルの独歩安傾向。

2020年11月現在 米ドルは103円台まで下落。 ユーロ、NZドル、豪ドル、カナダドルは 少し上昇後安定傾向。アフリカ・ランドは少しづつ上昇傾向です。金利については各通貨低下して、米ドルとNZドル、カナダドルがかろうじて0.1パーセントを維持しています。2パーセントを上回っているのはアフリカ・ランド位です。ユーロ、豪ドルは0.001パーセントで日本円とさほど変わりはなく利息を考えると投資冥利はありません。為替動向のみが頼りです。相対的にみると米ドルと円が安くなっています。

2021年3月現在  米ドルは 米長期金利の上昇 を受け108円台まで上昇。 ユーロ、NZドル、豪ドル、カナダドルは上昇継続。アフリカ・ランド は安定傾向です。相対的に見ると円安が進んでいると判断できます。

2021年4月現在  米ドルは 米長期金利の上昇 を受け110円台まで上昇。 ユーロ、NZドル、豪ドル、カナダドル、アフリカ・ランド は上昇継続していますが変動幅は小さくなってきています。 相対的に見ると円安が継続していると判断できます。

2021年5月現在  米ドルは 米長期金利の上昇を受け110円台まで上昇後安定。このところの資源高で NZドル、豪ドル、カナダドル、アフリカ・ランド は上昇継続。相対的に見ると円の独歩安傾向と判断します。東京オリンピックの開催判断が迫っています。開催してもコロナ対策に経費が掛かり、中止するにしても賠償金問題と円にとっては心配事が多い。

4月現在の為替レート(週足チャート)

まとめ

外国為替取引を始めるなら、最初は外貨定期貯金をお勧めします。FXは小額から始められ資金の数倍の取引ができますが、それだけリスクも大きくなります。株式投資の信用取引に似ています。

リスクを減らして投資をするには、円高で外貨が安く購入できる時期に金利の良い通貨を選択して小額(1万円程度)から積み立てる形で始めれば良いと思います。数回に分けて外貨に交換することで為替レートを平均化することが可能です。

円安になった時に解約して円に戻すことで利息と為替差益を得ることができます。為替レートは国際情勢に左右されることが多く為替の変動が2~3年周期であることから長期投資向きです。

固定ページ一覧

PAGETOP
Copyright © 四半期決算投資法 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.