内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP)速報値は物価変動の影響を除いた実質の季節調整値で前期比1.6%減、年率換算で6.3%減だった。10月の消費増税や大型台風の影響が出て、内需の柱である個人消費が落ち込んだ。世界経済の減速で自動車や機械などの輸出低迷も続き、日本経済は5四半期ぶりのマイナス成長に沈んだ。

2020年1~3月期も新型コロナウイルスの影響で経済の低迷が予想される。特に中国インバウンド効果の影響が大きい観光業や部品供給網の寸断から家電、自動車などの影響も心配される。

国内でも新型コロナウイルスの人から人への感染が確認されており、最近の状況は、日本経済にとってマイナス要因が多い。

株式投資は、しばらくは静観が得策か。