投資家が株価の急落に備える動きが広がっている。25日の日経平均オプション市場で、株安局面で持っていれば利益が出る「売る権利(プット)」の売買が活況となり、権利行使価格が2万円のプットの需要が急増した。世界で新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念が高まっており、投資家の下値警戒感が強まっている。

日経平均オプションは、日経平均株価を決められた期日に決められた価格で売る権利や買う権利(コール)のことで、主に将来の株価変動リスクのヘッジ(回避)に使われる。先物を持つ投資家の場合、相場下落で利益が出るプットを持っていれば、先物で発生した損失を小さくできるため「保険」の役割を果たす。