日本銀行は22日の金融政策決定会合で、現在の大規模な金融緩和の維持を決めた。上場投資信託(ETF)や大量の長期国債の買い入れを続ける。日銀は22日までの2日間、金融政策決定会合を開き、短期金利をマイナスにし、長期金利がゼロ%程度に抑えるよう国債を買い入れる今の大規模な金融緩和策の維持を賛成多数で決めました。

国内景気の判断も「新型コロナウイルスの影響で引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」とし、これまで通り維持した。黒田東彦(はるひこ)総裁が22日午後に記者会見し、金融政策を維持した理由や日本経済の現状認識などを説明する。