東京、大阪、兵庫、京都の4都府県の緊急事態宣言について、政府は、来週11日の期限を今月31日まで延長するとともに、対象地域に愛知県と福岡県を加えることを、7日、決定します。

東京、大阪、兵庫、京都の4都府県に出されている緊急事態宣言と、首都圏3県や愛知県など7県に適用されている「まん延防止等重点措置」は、来週11日に期限を迎えます。

これを前に、菅総理大臣は6日、西村経済再生担当大臣らと対応を協議し、4都府県の期限を、今月31日までおよそ3週間延長するとともに、対象地域に新規感染者が増加傾向にある愛知県と福岡県を加える方針を固めました。