国内で新型コロナウイルスのワクチンの2回目の接種を終えた人が全人口の50%を超えたことが政府のまとめでわかりました。

政府が13日に公表した最新の状況によりますと、ワクチンの2回目の接種を終えた人は6447万6713人で、全人口の50.9%となりました。

国内ではことし2月から医療従事者などへの接種が始まり、約7か月で50%を超えました。

また、少なくとも1回、ワクチンを接種した人は7983万5876人で、全人口の63%となっています。 また、10月から11月の早い時期には希望者全員のワクチン接種を完了する方針を示しています。