世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は7日、新型コロナウイルスによる世界の死者が400万人を超えたことを明らかにした。死者は4月中旬に300万人を超え、そこから3カ月弱でさらに100万人が亡くなった。欧米を中心にワクチン接種が広まったことで死者の増加率は鈍化しているものの、感染力の強いインド由来のデルタ株が各地で猛威を振るっており、感染再拡大が懸念されている。

一方、累計感染者数は1億8400万人超で、2億人に迫っている。米国の死者は約61万人で世界最多。ブラジル(約53万人)、インド(約40万人)、メキシコ(約23万人)、ペルー(約19万人)、ロシア(約14万人)が続く。欧州では英国とイタリアがそれぞれ約13万人。

WHOによると、死者は4月下旬以降、減少傾向となっている。しかし、最近ではデルタ株が、ワクチンが普及した欧米だけでなく、ワクチン接種の遅れが目立つ中南米やアフリカ、東南アジアで大きな脅威となっている。今月6日時点でデルタ株は104カ国で確認されており、「ワクチン未接種者の間で急速に広まっている」(テドロス事務局長)という。