4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅反落し、前日比628円99銭(2.1%)安の2万8930円11銭で終えた。下げ幅は一時800円を超えた。前日の米国市場で長期金利が一時1.5%近くまで上昇し、ナスダック総合株価指数など主要な株価指数が軒並み下落した流れを引き継いだ。アメリカで長期金利が上昇し、企業の業績などにも影響が及ぶのではないかという警戒感から多くの銘柄に売り注文が出ました。

日経平均株価の終値は、3日より628円99銭安い、2万8930円11銭でした。