米議会上院は6日、バイデン大統領が提案した1.9兆ドル(約200兆円)の新型コロナウイルス対策法案を一部修正し可決した。下院案と同じく1人最大1400ドルの現金給付を盛り込んだが、高所得層を支給対象から外す。修正法案は下院で再審議し、14日までの成立を目指す。

米長期国債利回りの上昇はインフレ懸念の高まりなのか、景気回復期待の高まりなのか。米ドルの為替動向にも注意が必要。