米ドルは再び下落基調、ユーロ、カナダドル、豪ドル、NZドル、アフリカランドはも円に対して上昇基調を継続。為替全体を見ると米ドル安と円安が進んでいる。

新型コロナ感染拡大の影響で2020/04頃に安全資産として米ドルと円買いが進んだが、ワクチン接種進展によりアメリカ経済の早期回復期待からインフレ懸念や、長期金利の上昇が懸念され、他の通貨(ユーロ、カナダドル、豪ドル、NZドル、アフリカランド)が買い戻されている展開。